コンビニのコピー機で名刺を作ってみた

参加予定の Meetup の概要に目を通していたら「入り口で名刺を預かります」という文字が。名刺なんて持ってないけど、今から注文しても時間的にぎりぎりです。しかも、100 枚単位で発注とか完全に余ります。

それで調べていたらコンビニの写真コピーで作れる的な記事が多かったので、その手でいくことにしました。

スポンサーリンク

ソフトウェア

ペイントソフトやドローソフトでデザインを作るので、Photoshop とか Illustrator があればいいですが有料なので、優秀な無料ソフト (GIMP2) で頑張ります。

デザイン

サイズ

名刺の大きさは 91×55mm ですが、写真 L 版プリントは 89×127mm なので、一回の印刷で 2 枚できます。

デザインは両端 2mm 程度が切れることを想定して作らないと失敗しそうです。

また、印刷の際に画像が若干縮小されたり、ずれたりすることも考えられるので、その余裕をもって 95×59mm のデータにします。名刺一枚分のデータができたら一度保存して、それを L 版 89×127mm の上に二枚分うまく配置すれば完成です。

プリントすると一回りくらい削られるので、中央に寄せるといいです。

解像度

300dpi 以上にしておかないと印刷したときにぼけるらしいので、それが設定できるソフトウェアがいいですね。

プリント

データを USB メモリに保存して、いざコンビニへ。

セブンイレブンだと写真用紙の裏に文字が入って、いかにも写真っぽくなってしまうので、ローソンやファミマにある文字の入らない SHARP 製プリンターでプリントしました。

最後に

写真プリントなので、図らずも光沢のある名刺に。

大量生産は業者に頼んだ方が安くて質も安定していますが、数枚作る程度ならコンビニ作成のほうがコストが抑えられます。

所詮は写真用紙ですからビジネス用では使えないですけど…

参考サイト → コンビニで名刺を簡単に印刷する方法。Inkscape で作成開始から完成まで半日でした | Haracem’s world

スポンサーリンク

コメント・質問する