AdSenseを設定すると403エラーになる対策

ロリポップサーバで AdSense タグを設置しようとすると 403 エラーが出ますが、その原因はセキュリティにあります。

スポンサーリンク

WAF

ロリポップサーバには WAF (Web Application Firewall) 設定があります。

数年前にサーバがクラッキングされ、数千人のユーザーに被害が出たとかなんとかで、セキュリティを強化した形です。

これによって、AdSense も弾かれてしまいます。

対策

いくつかあるので、さらっと見ていきます。

WAF設定の無効化

最も多く見られる手法は、WAF 設定を一時的にオフにし、タグを追加した後でオンにするというものです。

セキュリティの意味が全然ないですが、設置はできます。

最近 WordPress 内でも利用している PHPMailer に脆弱性が発見され、悪意のあるコードを忍ばせることができることがわかっています。WAF の無効化はやはり得策ではありません。

WAFチューニング

ロリポップサーバに WordPress をインストールすると、最初から SiteGuard プラグインがインストールされています。ロリポップサーバの WAF は SiteGuard のものだからです。

このプラグインの機能の中に、WAF チューニングサポートがあります。指定したルールに従っているものだけ WAF を通してくれる機能です。

AdSense で 403 エラーがでると、WAF がブロックしたログが記録されるので、これを利用して設定します。

設定方法

  1. ロリポップサーバにログインし、Webツール > WAF設定 に進みます
  2. ブロックされた日付のログを呼び出して、シグネチャをコピーします
  3. WordPress に戻り、SiteGuard 内の WAF チューニングサポートを開き、新しいルールの追加で、先ほどのシグネチャをペーストします

あとは適用すれば動くはず…?

.htaccessの編集

他のサーバは知りませんが、ロリポップサーバでは .htaccess を編集できます。

ここに WAF の設定に関する記述をすれば解決するかも。

スポンサーリンク

コメント・質問する