UbuntuにGoogle Chromeをインストールする

Ubuntu でも使い慣れた Google Chrome を使いたいと思う一方で、公式アプリストア的存在である Ubuntu ソフトウェアセンターには Chromium ブラウザしかないので、Google 公式のサードアプリをインストールしました。

スポンサーリンク

ChromeとChromium

いまいち違いがぱっとしないかもしれませんが、Chromium は Chrome のオープンソース版だったと記憶しています。

Chromium ブラウザでは動画・音声再生時などのバグが報告されていたりするので、Chrome ブラウザをインストールすることにしました。

Chromeのダウンロード

Chrome ブラウザは Linux 版もリリースされています。

Google Chrome

少し前に 32bit 版が公開されなくなり、今は 64bit 版しかありません。google-chrome-stable_current_amd64.deb がダウンロードされます。

これをインストールすればいいだけですが、私の場合はインストール待機中で固まってしまったので、手動でインストールしました。

手動インストールのやり方

ターミナル (端末) を開き、コマンドを入力します。

これでインストールが終了すれば OK です。

しかし、残念ながら途中でエラーが出て、インストールは終了しませんでした。このエラーのせいでさっきインストールできなかったんだと思いますが。

エラー発生時の対応

何やら依存しているパッケージがないとのエラーメッセージが出ているので、それをインストールします。

足りなかったパッケージは次の二つです。

  • libappindicator1
  • libindicator7

色々回り道したので、簡潔に書きます。

これで足りなかったパッケージがインストールされるはずです。

あとは、先ほど同様 Chrome インストールのコマンドを入力して完了です。

スポンサーリンク

コメントを残す