LaTeXでより簡単に執筆できる環境をつくる [Windows/macOS]

レポートや論文の執筆時に \(\LaTeX\) の利用が求められることがあります。見た目が綺麗であることが特徴ですが、コンパイルや PDF への変換が必要であり、毎回コマンドを打っていくのは面倒です。

そこで Visual Studio Code + LaTeX Workshop で楽に \(\LaTeX\) が書ける環境をつくろうと思います。

TeX のインストール

\(\LaTeX\) を使うにはコンパイラが必要になりますが、有名なディストリビューションである TeX Live を入れておけば問題ありません。

Windows

ネットワークインストーラーを用いるとウィルス対策ソフトに止められたり、エラーが発生してインストールに失敗したりするので、ISO ファイルをダウンロードする方法が良いです。(32bit 版)

Acquiring TeX Live as an ISO image ページの download from a nearby CTAN mirror をクリックして、texlive.iso を選択します。texlive.iso と texliveYYYY.iso はシンボリックリンクなので同じものをダウンロードしています。ちなみに、約 3.2GB あります。

ダウンロードが終了したら (Windows 10 なら) ダブルクリックで開けるので、install-tl-windows.bat を実行してください。開けない場合はバーチャルディスクドライブを作成できるソフトウェアをインストールして ISO ファイルを読み込むか、ネットワークインストーラーを使用してください。

macOS

今回はパッケージ管理システムを利用せず、GUI で操作できるパッケージを使います。Windows 程複雑じゃないので Wiki の MacTeX.pkg でインストールするで確認してください。

VS Code インストール

VS Code は Microsoft の開発する IDE です。説明は省きますが、とても便利なのでコーディングにお勧めです。

Visual Studio Code

インストールが終了したら起動し、Shift + Ctrl + X (Windows) / shift + command + X (macOS) で拡張機能のページを開きます。ここで LaTeX Workshop を検索し、インストール、リロードを行うと \(\LaTeX\) 自体の環境は完成です。

おすすめの日本語環境の設定

Ctrl + , (Windows) / command + , (macOS) で設定が開きます。GUI の設定画面が表示される場合は右上の {} を押して以下のように JSON ファイルを編集します。

{
    "latex-workshop.chktex.enabled": false,
    "latex-workshop.latex.recipes": [
        {
            "name": "ptex2pdf*2",
            "tools": [
                "ptex2pdf",
                "ptex2pdf"
            ],
        }
    ],
    "latex-workshop.latex.tools": [
        {   
            "name": "ptex2pdf",
            "command": "ptex2pdf",
            "args": [
                "-l",
                "-ot",
                "-kanji=utf8 -synctex=1 -file-line-error",
                "%DOC%"
            ]
        }
    ],
    "latex-workshop.view.pdf.viewer": "tab",
    "editor.wordWrap": "on",
    "latex-workshop.latex.autoBuild.onSave.enabled": false,
    "latex-workshop.latex.clean.enabled": true
}

toolchain が廃止され、tools で定義した内容を recipes で使用する形式になったようです。オプションの引数を変更すると upLaTeX 等も使用できます。

設定内容の詳細は以下の通りです。

  • latex-workshop.chktex.enabled: 構文チェックしてくれますが日本語を認識しないのでエラーがたくさん出ます。
  • latex-workshop.latex.recipes: ビルドで実行する内容を設定します。目次や参考文献の参照を作成するためには二回コンパイルが必要になるので、上記の設定になっています。
  • latex-workshop.latex.tools: 実行するコマンドの設定を行います。
  • latex-workshop.view.pdf.viewer: PDF をタブで表示する設定です。ブラウザや別ウィンドウで開く方法もあります。
  • latex-workshop.latex.autoBuild.onSave.enabled: 保存されると自動的にビルドしてくれます。
  • latex-workshop.latex.clean.enabled: ビルドして PDF を作成した後に .aux 諸々のファイルを消します。

VS Code 自体にオートセーブ機能がついており、これを使うと保存する手間が省けるので非常に楽なのですが、入力を行うたびに保存と自動ビルドを繰り返すためなのか、ビルドが終わらなくなるときがあるので併用はお勧めしません。もし、ビルドが終わらなくなったら下の Q&A の内容を試してください。

便利なサイト

知ってると便利かもしれないサイトを紹介しておきます。

  • LaTeXコマンド集:よく使うコマンドが載っています。
  • PNG to PDF:PNG ファイルを PDF に変換してくれます。画像は PDF で埋め込むといいような気がします。

おすすめの本

授業で使う教科書だったので購入しましたが、基本的なことからわかりやすく詳細に説明されていて、よくおすすめされている本です。インターネットの情報だけでは足りないときに役に立ちます。

Q&A

ビルドが失敗するときの対処方法、スタイルファイルの追加・設定方法などは以下の記事に書いてます。

LaTeX の使い方&エラー集
コンパイルできずにエラーが返ってくるけど内容がわからないことはありがちです。私は VS Code を使っていますが、一部エラーは TeX Live でも出るものなので、参考までにご覧ください。
\(\)