Ubuntu 16.04 LTSでWi-Fiに接続できなかったときの話

以前、Ubuntu 16.04 LTS をインストールして使おうとしたら Wi-Fi に接続できなくて手間取ったときのこと。

スポンサーリンク

問題の詳細

まだ、TensorFlow が Windows に対応していなかった頃、Mac は手が届かず、知恵を絞って思いついた夢の Linux 環境が手に入ったときに事件発生。Wi-Fi に接続できません。

  • SSID, パスワードは正しい
  • セキュリティに表示されるのは WEP 2 種類のみで WPA がない
  • すべての Wi-Fi に繋がらないのではなく、一部のみ繋がらない

確認すべき事項

  • 無線 LAN ドライバ搭載の有無
  • 無線LANの起動の有無
  • SSID, パスワード, セキュリティ, 認証方式などの間違い

普通は、この辺りが絡んでくるのだと思います。

ドライバ

無線LANを最初から搭載しているパソコンではなく、アダプタを USB ポートに挿している場合、ドライバのインストールが必要になるかもしれません。使ったことがないのでわかりませんが、挿せば自動インストール?と思っていたり。

無線LANの起動

私の場合、一部の Wi-Fi には繋がっていたため、起動していると判断し割愛。

非表示ネットワーク

最終的に、原因はこれであることがわかりました。

一般的には Wi-Fi に接続するとき、拾ってきた電波から自宅のものを選択し、パスワードを入力しますが、我が家ではステルス化されており、Wi-Fi が飛んでいることがわからないように SSID が表示されない設定になっています。

このときは自分で SSID を打ち込まなければ接続できませんが、どうやらこのときの接続の仕方が間違っていたようです。

様々なサイトに「非表示ネットワークを確認」を選択するように、と書いてあるにもかかわらず、私は「新しいネットワークに接続」で登録してから「非表示ネットワークを確認」を試していました。

非表示ネットワークを選択することで、セキュリティで WEP だけでなく、WPA も選択できるようになっていました。(正確には WPA Personal)

最後に

経験と直感は時に視界を暗くする。

スポンサーリンク

コメント・質問する