Anacondaで仮想環境構築・削除

Anaconda では仮想環境を作成し、その環境下でプログラムを実行することができます。仮想環境を作ることで、Python のバージョンを変更したり、利用するパッケージを変更したりすることができます。

仮想環境構築

名前を付けて作成

$ conda create -name myenv

“myenv” という名前の仮想環境を作ることができます。このときインストールされる Python のバージョンは最新版です。

Python バージョンを指定して作成

$ conda create -n myenv python=3.6

Python=3.6 の記述によって、Python 3.6 がインストールされます。この機能を利用して仮想環境ごとに Python のバージョンを変更することが可能になります。ちなみに、pyenv を使っても同様のことができます。

利用するパッケージを指定

仮想環境を作成するときに予め利用するパッケージを指定しておくと、一緒にインストールしてくれます。

$ conda create -n myenv matplotlib

パッケージのバージョンも matplotlib=3.0.0 のように指定することができます。

仮想環境削除

$ conda remove --name myenv --all

もしくは、次のコマンドでも実行可能です。

$ conda env remove -name myenv

仮想環境の確認

$ conda info --envs