Google Cloud PlatformにGitでデプロイする

いざ Google Cloud Platform 使おうとしたら、初心者ながらにハマりまくって疲れた話です。

スポンサーリンク

Google Cloud Platformの設定

登録&インスタンス作成

まずはアカウントを開設し、プロジェクトを作成します。私は Compute Engine が使いたかったので、そのインスタンスを作成しました。

レポジトリ作成

メニューの TOOLS > Development で GCP 上にリモートレポジトリも作成します。

パソコン側の設定

SDKダウンロード

Cloud Platform の SDK をダウンロードして初期設定を行います。

$ gcloud init && git config credential.helper gcloud.cmd

ちなみに、私は Anaconda 上で実行していますが、他のものでもできると思います。

ここでアカウントやプロジェクトを設定しておきます。

リモートレポジトリの登録

Git にリモートレポジトリを登録します。

$ git remote addi google 
      https://source.developers.google.com/p/PROJECT_ID/r/REPOSITORY

PROJECT_ID と REPOSITORY は各環境に合わせてください。

これでデプロイできます!

と思ったんですが、何も認証らしきことをしてなかったので当然エラーが出ました。

ERROR: (gcloud.auth.git-helper) Invalid input line format: [path=].
fatal: remote error:

Invalid authentication credentials.

Please generate a new identifier:
Forwarding ...

最後の URL に接続すると案内が出るので、それに従って以下の操作をします。

Git Credentials

ホームディレクトリ内の .netrc ファイルに次の内容を記述します。

machine source.developers.google.com
  login EMAIL_ADDRESS
  password PASSWORD

パスワードは最初から埋まっているので、メールアドレスだけ追加します。

これで今度こそ完了!

タイトルとURLをコピーしました