ローカルポートフォワーディングで外部サーバに接続する

サーバに SSH 接続はできるが、外部に公開しているポートが接続しているものの他にはなく、これでは余ってるポートを使ってアプリを動かすなんてことができないので、ローカルポートフォワーディングすることにした。

スポンサーリンク

ポートフォワーディング

サーバには SSH で接続するのが一般的ですが、それが得策でなかったり不可能であったりすることもあります。また、データベースサーバなど SSH 接続ができないように組まれているものもあります。

ここで登場するのがポートフォワーディングです。

接続先のアドレスとポート番号がわかれば、ファイアウォールなどを通り抜けて接続することができます。

ポートフォワーディングには 3 タイプあります。

ローカルポートフォワーディング

パソコンからサーバに接続するタイプで、SSH 接続を利用して行います。最も一般的なポートフォワーディングで、サーバのデータを手元のパソコンで扱うときなどに利用します。

リモートポートフォワーディング

サーバからクライアントに接続すること。SSH 接続を用いる方式とトンネリング方式の 2 種類があるようです。

レンタルサーバでよくある FTP とか、会社や学校で見られるリモートデスクトップ環境とかがこれに当たります。

動的ポートフォワーディング

クライアントが外部サーバに安全に接続するための仲介役的なものらしいです。今回は関係ないのでスルー。

因みに、Dynamic Port Forwarding から DPF とも言われるようです。

TeraTermでローカルポートフォワーディング

Windows を使っているので TeraTerm で SSH 接続していたのですが、ポートフォワーディングにも対応しているらしい!ということで、これを使います。

控えておくこと

  • 接続するサーバのアカウント、パスワード
  • 接続先サーバの IP アドレス
  • 接続するポート番号
  • ローカル環境で利用するポート番号

ローカルのポート番号は空いているものなら何でもいいです。

設定方法

TeraTerm で接続したいサーバに普通に SSH 接続し、アプリケーションの Setup > SSH Forwarding… を開きます。

Add… で接続先を追加します。入力内容は以下の通り。

  • Forward local port: ローカル環境で利用するポート番号
  • to remote machine: 接続先サーバのアドレス
  • port: 接続するポート
  • listen: 空白

これで OK を押したら設定は完了です。

ローカルから接続する

HOST を localhost に、TCP Port#: は Forward local port で設定したポートにして接続します。

接続先が見つかるとサーバのアカウントとパスワードを聞かれます。間違えずに入力すれば接続完了!

(参考サイト)

TeratermでSSHポートフォワード~トンネリング~ | Punio Kid Works

最後に

この世界には知らないことがたくさんあるんですね。

 

スポンサーリンク

コメント・質問する