LaTeX 環境にスタイルファイルを追加する

執筆する際に独自のスタイルファイル (.sty) を使うように指定される場合があると思います。Wiki には LaTeX が見つけられる場所に保存すればよいとありますが、意味が分からないときのために書き残しておきます。

.sty の保存場所

保存先のディレクトリは OS ごとに異なるので、両方記しておきます。

Windows

私の環境は C:/texlive なので以下のディレクトリ構成になりますが、texlive の場所によって適宜書き換えてください。

C:/texlive/texmf-local/tex/platex/example.sty

初期の時点で platex フォルダはないと思いますが、日本語の文章を書くにあたって pLaTeX を使っていることが多いと思うので、フォルダを作成する形になります。

Wiki によると local で指定する場合は、ユーザーだけでなくパソコン自体に変更を反映するようです。そのためには管理者権限が必要になります。

macOS

/usr/local/texlive/texmf-local/tex/platex/example.sty

ディレクトリが少し異なるだけで、やることは Windows と同じです。ちなみに、Finder では /usr/local は通常見えないので、shift + command + G でパスを入力すれば飛べます。

設定の反映

ls-R ファイルを作成して LaTeX に反映させます。なくても動くらしいですが、ディレクトリを作成したためか反映されませんでした。

Windows

Windows PowerShell (管理者) を起動し、以下のコマンドを実行します。

> mktexlsr

macOS

ターミナル (VS Code 内のターミナルでも可) を起動し、以下のコマンドを実行します。

$ sudo mktexlsr

これで反映されるはずです。