OpenCVで画像を読み込んで書き出す

OpenCV の使い方ということで、手始めに画像を読み書きしてみます。

スポンサーリンク

読み込み

シンプルにカラーで

import cv2
import numpy as np

img = cv2.imread('test.jpg', 1)

第二引数を指定する

カラーイメージやグレースケールなどの指定は第二引数で。

import cv2
import numpy as np

# カラーイメージ
img = cv2.imread('test.jpg', cv2.IMREAD_COLOR)

# グレースケール
img = cv2.imread('test.jpg', cv2.GRAYSCALE)

# アルファチャンネルあり
img = cv2.imread('test.jpg', cv2.UNCHANGED)

IMREAD_COLOR は 1, GRAYSCALE は 0, UNCHANGED は -1 でも代替できます。

画像が見つからなかったときの処理

画像の名前の指定を間違っていて正しく読み込めなくても、エラーを返してくれません。

img には None が代入された状態になります。

書き出し

cv2.imwrite('test2.jpg', img)

オブジェクトを指定して名前を付けるだけ。

新しい画像の書き出し

ブランクイメージの作成とかに使えるかも。

new_img = np.zeros((HEIGHT, WIDTH, 3), np.uint8)

零行列なので、黒一色です。

参考サイト →

タイトルとURLをコピーしました