Ubuntuサーバのファイルをリモートで操作する

リモートサーバとローカルのパソコンでファイルのやり取りは scp コマンドで可能ですが、何度もやり取りするのであればエクスプローラーで操作できる方が楽です。今回は Mac の Finder で操作する

スポンサーリンク

Samba のインストール

$ sudo apt install samba

インストールのエラー

パッケージの依存関係が解消できないためか、エラーでインストールできないときがありました。

The following packages have unmet dependencies:

足りないパッケージやバージョンが異なるパッケージが表示されるので一つずつ解消してもいいですが、依存関係を手動で修正していくのは面倒なので、とりあえずパッケージの整理をしたらインストールできました。

// 未利用のパッケージを削除
$ sudo apt autoremove

設定ファイルの編集

各ユーザのホームディレクトリを外部から接続できるように設定します。設定次第でユーザ間の共有ファイルを作成することなどもできます。

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

該当箇所のコメントアウトを解除し、少し書き換えれば設定できます。

[homes]
   comment = Home Directories
   browseable = yes

   read only = no

Samba の再起動

$ sudo systemctl restart smbd

Samba に接続するアカウントの作成

// 既存のユーザーネームを指定
$ sudo smbpasswd -a <username>
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user <username>.

Ubuntu に接続する

設定が終わったので Finder で接続してみます。

Finder を開いた状態で command ⌘ + K を押し、接続先の IP アドレスもしくはドメインを入力します。

サーバ側が正しく設定されていれば You are attempting to connect to the server … というダイアログが出ます。ここでエラーが出る場合はファイアウォールが閉じていたり、接続先が間違っていたりします。

前項で指定したユーザ名とパスワードを入れると接続できます。

参考記事:Install and Configure Samba | Ubuntu tutorials

Comments

タイトルとURLをコピーしました