Windows/macOSにGo言語をインストールする

スポンサーリンク

利用環境

よくある環境なので大して触れる必要はありませんが、Windows は Windows 7 以降かつ 64 ビット、macOS はバージョン 10.10 以降かつ 64 ビット環境であればインストールできます。

  • Windows 10 Home 64 bit / macOS High Sierra
  • Visual Studio Code

インストール (Windows)

今回はインストールパッケージ (.msi) を使用します。

Downloads - The Go Programming Language
Go is an open source programming language that makes it easy to build simple, reliable, and efficient software.

インストールするときに環境変数 GOPATH が設定されます。本体は C:\Go にインストールされ、GOPATHC:\Users\<username>\go に設定されます。

バージョンの確認

$ go version
go version go1.12.9 windows/amd64

パスの確認

コマンドプロンプト

> echo %GOPATH%
C:\Users\<username>\go

PowerShell

> echo $env:GOPATH 
C:\Users\<username>\go

私の場合は VS Code で PowerShell を使用しているので、下の方法で環境変数を呼び出します。

環境変数は [コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [システム] > [システムの詳細設定] から編集、確認することもできます。

また、Go の機能を使って表示することもできます。

> go env GOPATH

Go 言語には GOPATHGOROOT があり、前者は作業ディレクトリ、後者は Go 本体のディレクトリです。

インストールが成功したかの確認

PS C:\Users\mktia> mkdir $env:GOPATH/src/helloGo; cd $env:GOPATH/src/helloGo

ディレクトリ下に hello.go を以下の内容で保存します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("Hello, Go\n")
}

run コマンドで実行できます。

$ go run $env:GOPATH/src/helloGo/hello.go

これをビルドしても実行できます。

PS C:\Users\mktia\src\helloGo> go build
PS C:\Users\mktia\src\helloGo> ./helloGo
Hello, Go

インストール (macOS)

macOS でもインストールパッケージ (.pkg) を使います。ダウンロード先は Windows と同じです。バージョンの確認も同じなので割愛します。

パスの設定と確認

ターミナルで以下を実行します。

$ mkdir ~/go

$ echo "export GOPATH=$HOME/go" >> ~/.bashrc

$ source ~/.bashrc

# インストール先ディレクトリ
$ go env GOROOT
/usr/local/go

# 作業ディレクトリ
$ go env GOPATH
/Users/<username>/go

# もしくは
$ echo $GOPATH
/Users/<username>/go

Comments

タイトルとURLをコピーしました