Windowsでmakeコマンドを使えるようにする

Unix 系を想定して作られたパッケージを見て、デフォルトで make コマンドが使えない Windows ユーザーは悲しい顔をします。

スポンサーリンク

ダウンロード&インストール

Make for Windows
make {whatisit}

[Download] > [Description] が Complete package のものを選んで [Setup] からダウンロード画面に進みます。Windows 10 でも動くようです。

デフォルトでは C:\Program Files (x86)\GnuWin32 にインストールされます。

環境変数設定

コマンドラインで使えるようにするためには環境変数を設定する必要があります。

[コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [システム] > [システムの詳細設定] を開いて [環境変数] の設定で Path に C:\Program Files (x86)\GnuWin32\bin を追加します。

環境変数はフォルダウィンドウの左側にあるナビゲーションウィンドウにある [PC] を右クリックして [プロパティ] を開いても設定できます。実はこちらのほうが速いです。

インストールが成功したか確認

コマンドプロンプトでも PowerShell でも動作します。

$ make -v
GNU Make 3.81
Copyright (C) 2006  Free Software Foundation, Inc.
これはフリーソフトウェアです. 利用許諾についてはソースを
ご覧ください.
商業性や特定の目的への適合性の如何に関わらず, 無保証です.

This program built for i386-pc-mingw32

単独アプリでは動作しますが、VS Code ではなぜかコマンドが利用できませんでした。

参考:windowsでmakeコマンドを使用する方法 | mokuzine’s note

Comments

タイトルとURLをコピーしました