formからPOST送信したデータをPythonで受け取る

POST メソッドで自サイトに向けて送信したフォームデータを Python 3.6 で取得するとき、Flask を使っているとかなり簡単に処理を行うことができます。

スポンサーリンク

GET と POST

フォームデータの送信には POST 以外に GET メソッドもあります。

GET メソッドは送信するときにデータを URL に埋め込む形で送信するため、パスワードなどを含むデータには向いていません。一方、POST はリクエストボディにデータを持っているため、表から見えることはありません。

その他にも違いが色々あるので、用途ごとに使い分けられています。

HTML

まず、フォームを用意しておきます。

メソッドで POST を指定しなければ GET になります。

また、受信するプログラムは /login に置いてあります。

Python

flask の request を使えば、こんなに簡単です。

フォームの送信先で /login を指定していますが、相対パスなので Flask のルーティングと一致させなくてもいいです。

最後に

Web アプリケーションのフレームワークの便利さに感服です。