Mac に TensorFlow 1.10 環境をつくる

以前は面倒くさかった TensorFlow インストールも整備が進み、かなり楽に環境構築できるようになりました。今回は Mac にインストールしてみます。

仮想環境の用意

デフォルトの環境に入れるとパッケージ管理がややこしくなったり、ミスったときにオワるので仮想環境で実行するといいでしょう。

私は pyenv + Anaconda を使ってますが、何でも良いです。ちなみに、pyenv の中で Anaconda を管理してるのは環境変数の衝突防止のためです。

Mac に Anaconda をインストールする
Windows に入れるときは Anaconda のインストールパッケージを持ってくればいいだけなのですが、macOS には元から Python の環境があるので、競合しないように入れてあげる必要があります。 今回はパッケージ管理シス...

以下、Anaconda での説明になります。

$ conda create -n tf python=3.6

Python 最新バージョンは 3.7.x ですが、TensorFlow 1.10 を入れる方法が少し煩雑になるようです。

pip でインストール

$ conda activate tf
$ pip install --upgrade tensorflow==1.10

仮想環境をアクティベートしてからパッケージをインストールします。

インストール確認

$ python
>>> import tensorflow
>>>

アクティベートした状態で、上記のように読み込み時にエラーがなければ OK です。Module Not Found の場合はインストールを間違えたか、環境を間違えているか、パッケージ参照先にインストール先ディレクトリが含まれていません。

環境構築一気にやる

段階を踏んで行ったインストールもコマンド一行で可能です。

$ conda create -n tf python=3.6 tensorflow=1.10

Comments