Mac に Anaconda をインストールする

Windows に入れるときは Anaconda のインストールパッケージを持ってくればいいだけなのですが、macOS には元から Python の環境があるので、競合しないように入れてあげる必要があります。

今回はパッケージ管理システム Homebrew と Python のバージョン管理システム pyenv を使って Anaconda を入れます。

スポンサーリンク

Xcode

予め AppStore で Xcode を入手しておきます。

下記コマンドでコマンドライン・デベロッパ・ツールをインストールします。

Homebrew のインストール

インストールコマンドは Homebrew のサイトで確認できます。

pyenv のインストール

Anaconda

インストール

Anaconda の最新バージョンを調べます。

Anaconda 2, 3 がありますが、これはそれぞれ Python 2, 3 に対応しています。Python 2 はじきにサポートされなくなるので、Anaconda 3 がおすすめです。

バージョンの切り替え

system の環境がデフォルトになっているので、Anaconda の環境に切り替えます。

conda コマンドの実行

パスが通っていない場合は command not found となり、conda コマンドを使用できません。

下記のようにしてパスを通します。.bash_profile に書き込みますが、私の場合はなかったので作りました。

最終行のコマンドで更新します。ターミナルの再起動でも可能です。

仮想環境の activate

従来は source activate で仮想環境をアクティベートしていましたが、これだと pyenv と被るので色々厄介でした。

conda 4.4.0 からは conda activate できるようになったようですが、下準備が必要です。

現在ログインしているユーザのみに適用する場合は上記コマンドを実行します。

この環境下では pyenv は使わず、Anaconda でバージョンを管理する形になります。

(参考)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください