Mac に Anaconda をインストールする

Windows に入れるときは Anaconda のインストールパッケージを持ってくればいいだけなのですが、macOS には元から Python の環境があるので、競合しないように入れてあげる必要があります。

今回はパッケージ管理システム Homebrew と Python のバージョン管理システム pyenv を使って Anaconda を入れます。

Xcode

予め AppStore で Xcode を入手しておきます。

下記コマンドでコマンドライン・デベロッパ・ツールをインストールします。

$ xcode-select --install

Homebrew のインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールコマンドは Homebrew のサイトで確認できます。

$ brew doctor
Your system is ready to brew. # インストール完了

pyenv のインストール

$ brew install pyenv
$ pyenv --version
pyenv 1.2.5 # インストール完了

Anaconda

インストール

Anaconda の最新バージョンを調べます。

$ pyenv install -l | grep anaconda

Anaconda 2, 3 がありますが、これはそれぞれ Python 2, 3 に対応しています。Python 2 はじきにサポートされなくなるので、Anaconda 3 がおすすめです。

$ pyenv install anaconda3-5.2.0
$ pyenv versions # インストール完了
* system
  anaconda3-5.2.0

バージョンの切り替え

system の環境がデフォルトになっているので、Anaconda の環境に切り替えます。

$ pyenv global anaconda3-5.2.0
$ pyenv versions
  system
* anaconda3-5.2.0 # 切り替え完了

conda コマンドの実行

パスが通っていない場合は command not found となり、conda コマンドを使用できません。

$ conda --version
-bash: conda: command not found # パスが通っていない

下記のようにしてパスを通します。.bash_profile に書き込みますが、私の場合はなかったので作りました。

$ touch ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="~/.pyenv/versions/anaconda3-5.2.0/bin/:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

最終行のコマンドで更新します。ターミナルの再起動でも可能です。

$ conda --version
conda 4.5.4 # パスが通っている

仮想環境の activate

従来は source activate で仮想環境をアクティベートしていましたが、これだと pyenv と被るので色々厄介でした。

conda 4.4.0 からは conda activate できるようになったようですが、下準備が必要です。

$ echo ". ~/.pyenv/versions/anaconda3-5.2.0/etc/profile.d/conda.sh" >> ~/.bash_profile

現在ログインしているユーザのみに適用する場合は上記コマンドを実行します。

この環境下では pyenv は使わず、Anaconda でバージョンを管理する形になります。

(参考)