Heroku で Node.js を始める方法

Heroku では Python, Ruby, Go など様々な言語を用いてウェブアプリを開発することができますが,今回は Node.js での開発をスタートする方法を紹介したいと思います.


Herokuの課金プランを使ってみてわかった長所と短所

Heroku は (クレジットカードを登録したアカウントの) 無料枠で 1,000dyno 時間まで利用できますが,複数のアプリを常に立ち上げておくには足りません.


Heroku無料枠のスリープを回避する

Heroku の無料枠で動いているアプリケーションは 30 分間接続がないとスリープしてしまい,次に立ち上げたときに時間がかかってしまいます.が,実は回避する方法もあります.


Pythonで始めるHeroku

Heroku は慣れれば簡単に使えますが,それまでがいばらの道.Documentation を読めばわかりますが,何も知識がない状態ではトライ&エラーの連続だと経験者は語ります.


独自サブドメインをHerokuに設定する

Heroku のアプリケーションはデフォルトでは xxxx.herokuapp.com という URL ですが,独自ドメインを持っていればそれを Heroku に利用することができます.今回はサブドメインを設定しますが,メインドメインでも設定できるはずです.


Herokuで定期的にプログラムを自動実行させる

Heroku のアドオン Heroku Scheduler を使うと,プログラムを自動実行できます.

2017-01-13

Twitterにブログ記事の更新を自動投稿するBOTを作る

twitterfeed という外部サービスを利用していましたが,つぶやくタイミングとか調整できませんし,シンプルなものを自分で実装したくなりました.


Herokuで環境変数を使うセキュリティ対策

これまでは twitter bot に使う consumer key や access token の値をソースコードに直に書いていたのですが,ソースコードが漏れるとそれらの値も流出してしまいます.

2017-01-13

HerokuにPushできないエラー

アプリを作って Heroku に push しようと思ったら,エラーが出てしまったときのお話.