Android Studioに必要なスペックをざっくり比較してみた

Android Studio は Android アプリ開発に使われる統合開発環境です。以前は有名な IDE の一つである Eclipse を使った開発が行われていましたが、今はパッケージの提供が終了したので、Android Studio での開発が推奨されています。

しかし、バージョン 1 は動作がめちゃ重く、それなりの高スペック PC が要求されていました。バージョン 2 に更新されて少し軽くはなったものの、開発するパソコンは吟味しないと後悔することになりそうです。

スポンサーリンク

システム要件

以下の情報は Android Studio 公式サイトから。

OS

  • Windows:Windows OS 7/8/10 の 32bit または 64bit
  • Mac:Mac OS X 10.10 (Yosemite) から macOS10.12 (Sierra) まで
  • Linux:GNOME または KDE デスクトップ、32bit 版アプリを実行できる 64bit 版、GNU C Library 2.19 以降

Windows は AMD 対応が書いてないので、Intel だけかも。

スペック

  • RAM 3GB 以上、推奨は 8GB 以上、エミュレータを使う場合は +1GB
  • ディスクの空き容量 2GB 以上、推奨は 4GB 以上
  • 画面解像度 1280 × 800 以上

比較

第4世代 i5, RAM 4GB

2011 年頃に買った NEC のデスクトップパソコン。(Windows 7 64bit)

このスペックでは開発は実質無理です。ソフトウェアは入りますが、プロジェクト作成、コンパイル、エミュレータの起動、それぞれに毎回 30 分とかかかります。

第4世代 i5, RAM 8GB

中古で買ったタブレットパソコン。(Surface Pro2, Windows 8.1 64bit)

ウィルス対策ソフトくらいしか入ってない環境に Android Studio をインストールしたところ、インストール終了までは少し難航しました。更新プログラム関連とか回線速度関連が原因の可能性大ですが。

インストール後は思った以上に快適で、エミュレータを動かしても特に問題ありませんでした。プロジェクト作成やビルドに数分もかかりません。

第5世代 i5, RAM 8GB

2016 年頃に買った DELL のノートパソコン。(i5-5200U 2.20GHz, Windows 10 Home 64bit)

こちらの環境も快適。Surface は画面が小さいので、ノートパソコンのほうが見やすいです。(15.6 インチ使用)

第7世代 i7, RAM 16GB

2017 年に買った DELL のデスクトップパソコン。(i7-7700 3.60GHz, Windows 10 Home 64bit)

かなり快適。コンパイルするにもエミュレータを立ち上げるにも数秒で終わるので、これまでの環境を考えるとめちゃ速いです。Android Studio 自体が速くなってる可能性もありますが。

パソコンを替えてから初めてのプロジェクト作成がたったの 5 秒で終わったときの感動はとても大きかった…。

個人的結論

  • 大規模なアプリではどうかわからない
  • メモリは 8GB 以上じゃないと辛いかもしれない
  • Core i7 が望ましいが、i5 でもいい
  • エミュレータではなく実機を用いれば軽くなる
スポンサーリンク

コメント・質問する